淡路町から徒歩1分の好立地。土日も相談可能。

相続のことは相続専門の税理士がいる
当事務所にお任せください。

2014.12.08更新

 前回、無申告のお話を記載しました。これに関連してタレコミのお話を記載します。
 税務調査の着手の動機に、タレコミというものがあります。タレコミについては、説明を省略しますが、課税庁側には重要な情報のリソースです。
 いわゆるガセネタも多いようですが、中には詳細な情報を提供する方もおられるようです。かつて、いやがらせをしている者からのタレコミが基になって、税務調査を受けた会社の調査立会をしたことがあります。
 タレコミする方は、元従業員が多いようですが、元特殊関係者(いわゆる元愛人さん)もいるようです。特殊関係者からのタレコミは、情報が詳細である場合が多いとか・・・。
 国税庁のHPにも『課税・徴収漏れに関する情報の提供』というサイトがあり、電子メール形式で情報を受け付けております。
 これまで提供を受けた情報の例としては、『租税回避のスキームに関する情報やその組成・販売をしている者又は利用をしている者に関する情報』、『海外で稼得した所得にかかる課税を免れている者や各国の税制の違い・租税条約を利用して課税を免れている者に関する情報』、『国税を滞納しているにもかかわらず、財産を隠匿している者に関する情報』等が記載されています。
 また、帳簿、領収書等提供する情報に関する書類をお持ちでしたら、対象者の所轄の国税局又は税務署に郵送してください(返却不可)。とのことです。

 

 いわゆる愛人さんが相続に絡んでくると大変ですが、過去にそういった関係があった方が財産隠しに協力して、それがタレコまれたりするとさらに・・・・ご想像にお任せします。

 

相続・贈与等の申告・ご相談は、東京都千代田区の早川・平会計におまかせください。初回面談無料!

投稿者: 税理士法人早川・平会計

PageTop