淡路町から徒歩1分の好立地。土日も相談可能。

相続のことは相続専門の税理士がいる
当事務所にお任せください。

2015.09.29更新

 死因贈与契約とは生前における贈与契約です。贈与者の死亡があってはじめて効力が生じます。書面でも口頭でも契約は成立します。


 ただし、贈与者が死亡したときに実行されますから口頭契約では立証が困難なので、実際は書面にしておくことが必要です。
 書面はPC等で印刷しても自筆で作成してもOKです。ここが遺言(自筆)とは異なります。
 遺言についての説明は省略しますが、自筆遺言では全部自筆で記載しなければ無効となります。

 

 文字をなんらかの理由で書くことができない場合にはとても有効ですね。

 

 

相続・贈与等の申告・ご相談は、千代田区の早川・平会計におまかせください。初回面談無料!

投稿者: 税理士法人早川・平会計

PageTop